ドアノブ交換は専門業者へ依頼|空き巣の被害を防ぐために

一軒家の模型

劣化を見過ごさないこと

カギ

鍵のトラブルについて

鍵が何となく刺さりにくいとか、回しにくい、引っかかりを感じるなどの不調を感じたら、直ちに鍵屋に連絡して点検や修理を行ってもらう必要があります。調子が悪いまま使い続けていると、鍵が抜けなくなったり鍵穴の中で鍵が折れてしまったりしてしまう場合があります。このようなトラブルに見舞われないためにも、不調に気づいた時点で鍵屋に連絡するのが大切です。合鍵を使っている場合なら、合鍵を作った時の精度が悪くて鍵が合わなくなっています。また、鍵穴に原因がある場合もあり、ほこりやごみが溜まっていたり、中の部品が劣化していたりする恐れがあります。毎日のように使う鍵穴ですから、やはり年月が経つと劣化してしまって、鍵の開け閉めに大きく影響してしまいます。早期修理や点検で、トラブルを未然に防ぐのが大切です。

鍵穴を自分で掃除する方法

鍵が回しにくいなどの現象に見舞われた時でも、正しいやり方で掃除をすれば、不調が解決する時があります。不調が合鍵の場合もありますから、マスターキーでも同様の現象があるか、確認してみましょう。また、鍵についているほこりや汚れが原因の場合もありますから、歯ブラシなどで細かいほこりをまずは取り除きましょう。そして、鍵穴に詰まったほこりやごみなどを、掃除機で吸って取り除いてみましょう。パソコンやキーボードの掃除に使うボトルタイプのエアダスターでも効果があります。そして、鍵穴専用の潤滑剤がありますから、それをスプレーしてみましょう。鍵穴の滑りを良くすることができて、スムーズに鍵が回るようになります。自力でこれらの掃除を行っても変化がない場合には、鍵屋に連絡して来てもらいましょう。原因がほこりなどではなく、部品の劣化などの可能性が高いので、鍵屋などの専門業者の領域になります。

Copyright© 2016 ドアノブ交換は専門業者へ依頼|空き巣の被害を防ぐために All Rights Reserved.